ホーム > カバヤを知る > カバヤの歴史館 > 社名の由来

カバヤを知る

カバヤを知るトップへ 工場見学 カバ車が行く! キャラメルミルクハウス facebook
キャンペーン・お知らせ

カバヤ食品が開催中のキャンペーン・お知らせの情報をご覧いただけます。イベント、新商品などの情報も一覧で確認できます。

【GO!GO!ミニカーキャンペーン】
キャンペーン期間:2013年7月1日〜2014年3月31日まで。
詳しくはこちらから

「カバヤさくらまつり」開催
4月2日(水)〜4月6日(日)
一般の方々に中庭を開放します。
詳しくはこちらから

社名の由来

どうしてカバヤになったのか?

  • 戦前から戦後にかけて、菓子メーカーの間で、子どもに強くアピールする為に、「らくだ」・「うさぎ」・「蜂」等をマークに使用することが流行っていました。その流れを受けて、第2次世界大戦後の昭和21年、「子どもたちに夢を…」の願いを込めて、カバを社章、社名にしました。
  • カバには、「おとなしく、平和を愛する」というイメージがあり、平和な社会を建設するという国民の気持ちにもピッタリ一致。甘いものが不足していた当時、戦前から製造していた水飴を使ってお菓子を作ろうと考え、カバをマークとしたカバヤ食品株式会社を設立しました。
    赤い箱のカバヤキャラメルを発売すると子どもたちの爆発的な人気を博しました。本物のカバを使ったり、カバの自動車を使った街頭宣伝は、当時としては画期的な出来事であり、人々の心に強く印象付けられました。「おまけの名作」としての評価の高いカバヤ児童文庫が発刊されたのは昭和27年頃のことです。
  • 右のロゴは会社設立当時のもので、昭和61年頃まで使われていました。