ホーム > 会社情報 > 会社概要・沿革

会社情報トップへ 復刻!カバ車が行く

会社概要

会社名
カバヤ食品株式会社
本 社
岡山市北区御津野々口1100番地
東京本社
東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル10階
設 立
1946年12月24日
代表者
代表取締役社長 野津 基弘
資本金
1億円
事業内容
チョコレート、キャンディ、ビスケット、クッキー、玩具菓子、グミ、プレッツェル、清涼菓子などの菓子の製造・販売
従業員
856人(2016年12月現在)
売上高
281億円(2015年12月期)
製造品目
チョコレート類、キャンディ類、ビスケット類、玩具菓子類、グミ類、プレッツェル類、清涼菓子類
事業所
支店/札幌・仙台・東京・関東・名古屋・大阪・岡山・広島・高松・九州 全10カ所
工場
岡山工場(岡山県岡山市)
関東工場(茨城県常陸大宮市)

沿革

1946年
キャラメル・キャンディの製造開始
1951年
販売量の拡大に伴い、カバヤ販売(株)を設立、販売部門を独立させ全国に販売網を設置開始
1960年
インスタント食品、粉末ジュースの製造開始
1963年
ガム並びにチョコレートの製造開始
1964年
清涼菓子、ジューCの製造開始
1972年
カバヤ販売(株)を吸収合併
1975年
マスカットキャンデーの製造開始
1978年
玩具菓子の製造開始。仏マジョレット社と提携し、ミニカーの販売開始
1983年
カバヤ第一食品(株)を吸収合併し、大阪工場とする
1984年
関東工場を建設、本格的なチョコレートメーカーとしての体制を作り、菓子総合メーカーとなる
1988年
CI導入
1990年
グミの製造開始
1991年
岡山工場を現在地に新築移転、同時に関東工場を増設
1995年
新人事制度を導入
1996年
創業50周年
2000年
岡山工場へ焼菓子ラインを新設
岡山工場、関東工場ISO14001認証取得
2004年
岡山本社工場に工場見学施設「カバヤライブラリー」開設
2005年
岡山工場、岡山第二工場、関東工場、大阪工場、企画一部ISO9001認証取得
2006年
創業60周年記念事業として「カバ車」を復刻
2011年
創業65周年記念事業として「カバ車・ガールフレンド」を製作
カバ車2台の名称を「クッキーくん」、「チョコちゃん」に決定
関東第二工場を新設
2012年
関東第二工場「工場見学」受け入れ開始
2014年
大阪工場の設備を、岡山工場、関東工場・関東第二工場へ移設し、大阪工場を閉鎖
2016年
カバヤ・オハヨーグループの持ち株会社として「日本カバヤ・オハヨーホールディングス株式会社」が設立
東京紀尾井町にカバヤ・オハヨーグルーブ新オフィスを開設